不安は皆さんだけのものではありません。
自衛官市民ーホットライン

   046−825−0157 
(非核市民宣言運動・ヨコスカ)

非核市民宣言運動・ヨコスカでは92年のPKO法に基づくカンボジア派遣以来、「自衛官人権110番」を開設し自衛官・御家族の御相談を受けてきました。これからも皆様とともに考えていきたいと思っています。
これまでに寄せられた内容は多肢にわたっていますが、自衛隊を辞めたいのに辞めさせてくれない、人権侵害が行われている!勤務中の事故なのに労災扱いされない、海外派遣は拒否できるか?「戦死」した場合の保証はどうなっているのか?等々。その他御家族の皆様の不安を訴える電話が多くありました。

尚、ご相談はメールでも受け付けています。
fwga6683@mb.infoweb.ne.jp (ホームーページ管理者まで) 

アンケートの結果報告

2003年の夏に実施した分(第一次)
2003年11月分          (第二次)

「自衛官・家族アンケート」北海道と神奈川の比較

北海道では「ホットラインと平行して「アンケート」も実施された。1月末までに、自衛官から11通、家族から14通の「回答」が戻ってきた。アンケートの質問項目は、比較検討が出来るように、北海道の皆さんは、神奈川と同じものを採用してくれた。はたして地域的な差は出たのだろうか。昨年の夏、神奈川で実施した第一次アンケート、21通の返信のうちの、12通の記入「回答」と比較してみた。

問1:有事法制やイラク新法の論議で自衛官の気持ちや現場の事情が考慮されていると思いますか。
                                     北海道自衛官         北海道家族          神奈川自衛官  
1 考慮されている                             1                1                 1

2 充分に考慮されているとはいえない                 5                3                 5

3 全 く考慮されていない                         4                9                 4

4 その他                                   1                1                  1

5 無回答                                   0                0                 1

コメント考慮されていない、という思いは神奈川でも北海道でも変わらなかった。神奈川では75%、北海道では自衛官・家族とも82%が考慮されていないと答えた。

問2:イラク新法は自衛隊が占領軍に加わるような内容になっています。あなたが(ご家族である自衛官が)自衛隊に入ったとき、外国を占領する軍隊に加わることを想定していましたか。
                                      北海道自衛官        北海道家族          神奈川自衛官  
1 予想していた                               1                2                2

2 予想していない                              8               12                6

 その他                                   2                9                2 

 無回答                                   0                0                2  

コメント神奈川では半数が「想定していなかった」北海道ではさらにその数が増えている。

問3:自衛隊に入った目的はなんですか(家族には、どういう目的だと思いますか、と聞いた)
                                      北海道自衛官        北海道家族          神奈川自衛官 
1 日本国民の生命を守るため                        6               6                 6

2 日本国家を守るため                            6                6                 4       
                                                                                   
 アジアの平和を守るため                         1               1                 0   

4 日本だけではなく世界の平和を守るため                0               0                 2      

5 米国と仲良くするため                           0               0                 0 

6 災害出動等非軍事面での活動                      6               5                 2 

 その他                                    3               6                  1 

8 
無回答                                    0               0                  2
 

コメント米国と仲良くは、神奈川でも北海道でもゼロだった。北海道では、国民を守る、国家を守る、災害出動がほぼ同数。神奈川で災害出動が減っているのは、海自からの回答が多いせいか。

問4:自衛官として大切だと思っていることはなんですか(家族には、大切なことは何だと思いますか、と聞いた)
                                      北海道自衛官        北海道家族          神奈川自衛官
1 9条を守る                                  4               7                1

2 非核3原則を守る                              1               6                2  

3 専守防衛                                   6               6                2 

4 海外派兵しない                               2               5                0 

5 集団的自衛権の行使をしない                       2                2                 0

6 
米国との同盟の強化                            1              1                 3 

7 
国軍としての認知                              2              2                 4 

 その他                                     1              3                 6 

9 無回答                                     0              0                 1 

コメント北海道の回答に、より憲法的枠組みを大事にしたいという思いが強く出ているのは、やはりイラクへの派遣という現実があるからか。家族の思いはさらにその傾向を強くしている。


問5:あなた(御家族である自衛官が)が自衛官として悩んだときに、相談する場所はありますか
                                      北海道自衛官        北海道家族          神奈川自衛官
1 ある

   ・上官                                   7               2                1

   ・同僚                                   1               0                3 

   ・
家族                                   4               5                3 

   
・その他                                  2               2                2 

 ない                                     0               6                1 

 無回答                                    0               0                3 

コメント北海道の自衛官が相談相手のトップは「上官」だった。一方、家族は相談相手は「ない」という答えが一番だった。実質的な相談相手は、北海道でも神奈川でも「家族」ということなのだろう。


問6:今回のイラク派遣について、ご家族で話し合われたことがありますか。(北海道のみの質問)
                                      北海道自衛官        北海道家族         
1 ある                                     9                11 

2 ない                                     1                 3

3 無回答                                    1                 0    
                

コメント問6は北海道のアンケートに、付け加えられた質問項目。

問6イラク派遣について家族で話し合われたこと(その一部を掲載)

1 ある で返答をした家族からの内容(一部)

派遣された場合の心の持ち方、その後の生活などについて。

主人は、イラクはやっぱり少し怖い名と言っていた。

派遣の意味、日本の立場etcについて。

自衛隊の役割(国内外)派遣の意義、是非。

息子は任務だから、早く行って仕事を終えて帰ってきたいといっている、私は行かせたくない、絶対反対です。

日本の自衛隊がイラクにいっても何も出来ることは無い、かえってイラクを混乱させるだけ、もしもイラクに行くことになったら自衛隊を辞めます。

2 ある で返答をした自衛官からの内容

イラクに派遣しても良いかどうか。

イラク派遣について、ニュースで見ると、何人もの死者が出ている中、自衛隊がイラクへ行くことは、とても危険な状況です、今は安全と言えません。

どんな事情があっても海外には行かない。

イラク国土の安全性。 

派遣の意味。

派遣に対して、絶対と言える命の保障はあるのか、どうかを話し合いました、結論的には何とも言えなかったです。

派遣される場合の身辺整理について。

自衛官のほとんどが、今回の任務について誇りを持って任につくことを望んでいる。

その他の自由な意見にたいして、自衛官からの返答

外務省職員2名が殺害された以上、日本は大部隊の派兵によりその復仇を図らなければならない。

イラクに派遣希望を出しても、行かせてもらえなかったりするのは、なぜですか?皆さん希望して行くんじゃありませんか?本人は希望しているが、家族の方たちは、納得していない人が多いみたい。でも小泉はおかしいと思います、彼は戦地に行って危険なことになっていないから。アメリカとの約束を果たしたいだけのように感じる。

ぜったいに、自衛官をイラクに行くことを反対します。

イラクにはいきたくない、でも命令となれば仕方が無い、国民に送り出してもらえるような環境を作ってほしい。

今回の派遣は、今までの貢献とは全く違うと思います、政府に対する憤りを感じます。調査隊が安全を期しても、いざ、自衛隊が向かうのとはわけが違うと思います、日本は軍隊ではない!!イラクは歓迎しているわけでもないのに、なぜ危険を冒してまで派遣をすべきなのか。小泉さんの考え方が判らない。なら、自分も行くべきだ!!