護衛艦隊旗艦「たちかぜ」艦内で暴力事件が明るみに、加害者は懲役2年6ヶ月執行猶予4年の判決

護衛艦「たちかぜ」の艦内で後輩の乗組員にガス銃を発射したり金を脅し取ったとして二等海曹の佐藤治被告は起訴され、判決を受けたが、裁判官は「艦内での暴行は日常的。事件は氷山の一角」と指摘した。
判決の当日(1月19日)佐藤被告の部下だった一等海士の遺族が「佐藤被告が自殺の原因だったとしか思えない。息子の無念を晴らしたい」と民事裁判の意向を示した。(朝日新聞より)

また、傍聴席には99年に佐世保の護衛艦「さわぎり」で自殺した遺族の姿もあった。遺族は艦内でのイジメが自殺の原因として国を相手に訴訟を起こしている。同行した前衆議院議員の今川正美さんは「自衛官の自殺問題には閉鎖性など根深いものを感じる。イジメなどは旧日本軍の体質を引きずっているのではないか」と指摘した。(神奈川新聞)

自衛官ー市民ホットラインでは護衛艦「うみぎり」でのイジメ・暴力事件以降関心を持って見守ってきましたが私たちの予想を超える根深いものがあることを今回の事件は教えてくれました。隊内では「訓練」や「体で覚えさせる」と称して体罰が黙認されていることは明らかです。しかし、イジメや暴力を許さない隊員たちがいることもわかりました。今後は彼らに協力していきたいと思います


護衛艦「たちかぜ」いじめ自殺事件提訴の御報告 (リンクあり)

「たちかぜ」裁判を支える会結成集会

2006年4月5日、自殺に追い込まれた若き自衛官への国と上官の責任を問う訴訟が横浜地裁に提訴されました。その裁判を支援する会の結成集会が5月25日に開催され、「たちかぜ」裁判を支える会が発足しました。詳細は目次をクリックして下さい。
連絡先は 横須賀市追浜東町3丁目63番 「ハイツ追浜」901号室

第一回公判は5月31日(水)午後3時半、横浜地裁
  皆様の傍聴をお願いいたします。

会の結成を取り仕切った副代表の加藤泉さん 提訴までの1年間御苦労された岡田尚弁護団長 提訴までの経過を報告する自衛官市民ホットラインの広沢努さん 今後の活動方針等を提案する林充孝事務局長

是非読んでください
 
第1回公判時における御両親の意見陳述(リンクあり)
 

お父さんは「毎年多くの、約100人近い隊員が自殺している事を知り、愕然としました。国民のためにあるべき自衛隊は、仲間の尊い命さえ守れないで、国民の何をどう守るのでしょうか」と自衛隊の現状を厳しく批判しています。