2016年12月29日更新

  あなたは<
カウンター カウンター
人目のお客様です。

ヨコスカ平和船団は、私達の海を軍隊から取り戻すために活動する市民の集まりです。
また、海との共生を求めて海と親しむ楽しい行事をも企画しています。
私達と一緒に船を出しましょう。


       Dear Friends: Messages from Yokosuka Citizens   English    

    平和船団定例海上行動 
    海からの基地見学  

 
  日時 2017年   11月26日(日曜日) 
  集合場所       深浦ボートパーク
               集合場所はこちらをご覧ください。
  
  時間 
         11時半集合12時出発
         
  連絡先          鈴木茂樹船団長    080-2375-5285
                市川 平          090-8962-9841
                携帯メール        omusubi6@i.softbank.jp
    
どなたでも参加できます。お気軽にお声をかけて下さい。お待ちしています。
                 
非核市民宣言運動・ヨコスカの定例デモ
基地のない街へ」は
11月26日午後3時30分集合・4時出発
(冬時間)
場所は京急汐入駅近く、
ダイエイ隣のウェルニー公園です

どなたでも参加できます。一緒に歩きましょう。 


                               
今、反戦兵士との連帯は欠かせません、皆様のご参加を御待ちしてます。
一緒に語りましょう。

10月29日の平和船団
豪雨のため中止
当日平和船団に乗る予定でしたクレイグ・アンダーソンさんと交流しました。
彼は50年前ヨコスカに寄港した空母イントレピットから脱走した4人の内の一人でした。
今朝鮮半島の緊張を見て、再び50年前の脱走を考えてください、と言ってました。
彼の脱走は良心に従って行ったのであり、イデオロギーではない、との言葉が印象的でした。

空母イントレピットから脱走した4人の映像が見られます。

https://m.youtube.com/watch?v=WAnFy_sd3Gs

   

9月24日の平和船団
8名にてヨコスカ港を走りました。海上自衛隊の艦船が多かったのが印象的でした。
   陸上のデモは500回目です、平和船団は30年近くの歴史がありますが、記録は2000年頃からです。
1986年頃に1隻のゴムボートを浮かべて始まりました。
長く続いているのは、艦船の近くでアピールできる臨場感と海に船を出すと元気が出る、
あたりでしょうか?

2000年頃ヨコスカ港でゴムボートを浮かべてアピールしていた写真です。

8月27日の平和船団
原子力空母ロナルドレーガンが8月9日に帰港し、朝鮮半島の緊張からすぐに出港するだろう、との見方は外れ27日にも在艦していました。参加者は11名でした。
   8月21日横須賀を母港とする米軍のイージス駆逐艦ジョン・S・マケインがマラッカ海峡で石油タンカーと衝突し、10人が行方不明、複数の死亡が確認された。
左舷に穴が開いている。

アンテータムの座礁事故、フィッツジェラルドの衝突事故、に続いて3隻目、艦長の解任に留まらず、第七艦隊司令官の解任、2日間の全艦艇の点検にまで発展した。
原因については予算不足や軍事的緊張による疲労が挙げられる。
横須賀市長への申入書はここ。
   原子力空母ロナルドレーガン(76番)の前を海上デモするヨコスカ平和船団おむすび丸。

どなたでも参加できますので
ご連絡ください。

鈴木
080-2375-5285

市川
090-8962-9841

メールアドレス
omusubi6@i.softbank.jp

7月30日の平和船団
米軍は修理中の艦船ばかりで北朝鮮と一触即発状態とは思えない現状でした。
参加者は8名でした。

    5月1日横須賀から出港した護衛艦「いずも」(上の写真)によって、自衛隊法95条2項の「武器等防護」による米軍艦船に対する警備が初めて実施されました。

3日には「さざなみ」も加わり米軍補給艦「リチャード・E・バード」を護衛しながら南下しました。
米艦防護は有事に至る前の「グレーゾーン」を想定して日本の防衛に資する活動を行う他国軍の武器や装備を自衛隊が守れる新任務です。

問題は
1、米艦防護は防衛相の判断で実施できる、情報公開もない。
2、武器防護は自衛隊の武器使用により反撃が可能➡武力衝突に至る危険が大。
3 ,「グレーゾーン」に限らず「重要影響事態」にも適用されて、世界的な規模で行われる、「運用指針」に書かれています。
4,自衛隊法3条の改正➡直接侵略と間接侵略を削除し、集団的自衛権条項を加えて、専守防衛から戦争のできる国へ。
 

6月25日の平和船団
6月17日に下田沖で衝突したイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」の現状を観察すべく船を走らせました。
参加者6名でした。
 
 6月25日、12号バースに繋がれて事故調査を受ける
「フィッツジェラルド」
 破壊された右舷が事故の様子を伝えている。
 相手方のコンテナ船は即航跡を見ることができたが「フィッツジェラルド」はAIS(自動船舶識別装置)を登録していない。
 だから、当時の航跡を確認するには米軍の発表を待たなければならない。

軍事機密を理由に自らの都合で情報をコントロールするのは卑怯なやり方です。
事故の原因と情報の公開を求めます。
亡くなった兵士たちのご冥福をお祈りします。
写真は「追跡!在日米軍」


原子力空母ロナルド・レーガン
機材トラブルで4度目に出港

ロナルド・レーガンは放射性廃棄物の搬出を終え、朝鮮半島の緊張を背景に日本海へ
   R・Rの出港は5月15日11時と発表されていたが、監視していても出る様子がない、登舷礼のために並んでいた兵士も解散し、16時延期、との情報が入る。
しかし、16時の出港も翌日16日の12時に延期
今度は出港だろう、と思いきや13時30分に変更、との情報が流れる。

13時30分、登舷礼もなく出て行った。
平和船団は入港も出港も反対だが、事故の不安を抱かせる事態は止めてほしい。
   R・R出港後の平和船団は25日8名にてヨコスカ港を走りました。

母港艦は4隻が修理中、駆逐艦2隻が待機中、トランプ大統領は北朝鮮への軍事的威嚇を強めるため空母3隻を日本海に展開するつもりだ。
武力に訴える解決は最悪の結果をもたらすことは明らか!

北朝鮮も武力挑発を止めて対話に応じる以外道はない、
横断幕は反原発の仲間が書いてくれた自然礼賛の絵です。


放射性廃棄物搬出の搬出が行われる。

4月25日、市民の抗議にもかかわらずコンテナ三個分の放射性廃棄物が搬出されました。
約束違反の搬出であること、情報公開も行われず、一方的に「安全」を宣言されても信用はできない。
日本政府の立ち入りさえも認めない原子力空母はお断り。

平和船団の海上抗議はこちらで
YouTube】米原子力空母、放射性廃棄物を搬出~横須賀
https://www.youtube.com/watch?v=_IgPd569yu0

写真は「追跡!在日米軍」提供。
 真ん中の黄色い箱に放射性廃棄物が入れてある  

 
放射性廃棄物搬出船「トランスアトランテック」到着
4月17日朝、横須賀沖停泊
横須賀市の発表では4月25日(火)搬出。

本日、米海軍から、次のような情報提供がありましたので、お知らせします。

  • 原子力空母ロナルド・レーガンの通常のメンテナンス作業に伴う、低レベルの放射能にさらされた物が収められているコンテナの、ロナルド・レーガンから運搬船への移し替え作業を4月25日(火曜日)に行う予定である。

   

原子力空母による放射性廃棄物の

搬出監視と海上抗議行動参加者募集

日時(未定、搬出船は4月20日入港)    

 4月20~27日  8時集合・8時半出発

場所  深浦ボートパーク事務所前  横須賀市浦郷町・1―60―8



スケジュール

1、       午前の部、 8時集合、8時半出発、監視と海上抗議、12時ボートパーク戻り

2、       午後の部、 1時より海の手公園(安針台公園)にて監視している方達と合流

連絡先 080-2375-5285(鈴木茂樹)

090-8962-9841(市川 平)

Eメール omusubi6@i.softbank.jp (市川)


主催
  非核市民宣言運動・ヨコスカ、/ヨコスカ平和船団


3月26日の平和船団

    雨の中5名の参加で頑張りました。

年度末による新型艦の登場・掃海艦「あわじ」ヘリ空母「かが」等が見られました。

原子力空母ロナルドレーガンの修理は継続中ですが、放射性廃棄物の搬出が4月20日以降となり、最終段階を迎えてます。

2月26日の平和船団
午前中はイージス巡洋艦「アンテータム」の座礁事故現場を調査しました。
午後は定例の海上行動合計6名の参加がありました。

  巡洋艦「アンテータム」の座礁事故は艦長の解任にまで進んだ。しかし、未だに事故原因と再発防止は示されていない。
 今回の事故が問題なのは原子力空母も座礁海域近くを航行して入港してくるからです。空母が座礁事故を起こしたなら危険な原子炉事故につながり、市民の安全が脅かされる。
 座礁現場には危険を知らせる「北方位標識」と「西方位標識」があるにもかかわらず、日常的に錨泊と積み込み作業が行われていました。(下の写真参照)
 
 平和船団のヨット「おむすび丸7」  座礁事故を起こしたアンテータム」左側の艦船
 左の写真が事故現場、基地の目の前であり、2~5mの浅瀬があり、誰の目にも見える標識だ!   「追跡!在日米軍」が撮った2016年4月の写真、右が「アンテータム」 丸印辺りが座礁事故現場、

  近すぎる!

1月29日の平和船団
原子力空母の定期修理は横須賀市の情報等で続けられていることは明らかでも、その内容一切明らかにされない。
平和船団はアメリカの戦争に反対して「DON‘TKILL」の横断幕を掲げました。参加者は5名。
   「DON‘TKILL」の横断幕はイラク戦争に出てゆく空母
「キティホーク」の乗員に向けてアピールするためにNさんが書いてくれたもの。
後方は原子力空母ロナルドレーガン。

アメリカ国防長官に指名された「ジェームズ・マチィス」に対して最適なスローガンになるでしょう。
   米海軍のイージス巡洋艦「アンテータム」が1月31日、横須賀基地沖に停泊中油漏れを起こした、
と報道されているが、解せないところがあります。

4千リットル、ドラム缶20本分の油を流出させているのに
情報が聞かれない、沖合は狭い、船の行き来も多い、本当に流されてスクリュウを破損したのか?

抗議文はこちら

「追跡!在日米軍」の記事

写真は2013年6月の巡洋艦「アンテータム」

12月25日の平和船団
25日はクリスマスのため、万国旗が飾られ、原子力空母と随伴艦、原子力潜水艦も係留されていました。
空母はすでにテントを張ったり、コンテナ状の事務所を設置して約束違反の修理を年明けから始める準備をしてました。
8名の参加者でした。
 

原子力空母の前でアピール。
 
セールの文字

安倍政権は12月22日南スーダンへのPKO派遣に続き、自衛隊法95条の2を拡大解釈し、米軍艦船の防衛・共同戦闘行為を認めた。
これまでも共同訓練の名の下に隊列を組んで航海していましたが、米軍艦船への攻撃を海上自衛隊への攻撃とみなし、米軍艦船の武器をを守る共同対処戦争行為へとエスカレートさせようとの意図が見えます。
 東京湾入り口でエールの交換をする
原子力空母GWと護衛艦「いずも」

2015年の写真ですが日米同盟の現状を表わしてます。

11月27日の平和船団

    11月21日に帰港した原子力空母・ロナルドレーガンはまだ1か月は戦闘態勢を維持するものの来年1月からは定期修理体制に入る、危険な原子炉との生活を強いられる市民は事故の備えなければならない生活が始まった。
当日は原発に反対する労働者の団体が乗船し、熱心に質問をしてくれました。参加者8名
   「おむすび丸7」が登場

これまで「おむすび丸」はモーターボートでしたが、係留施設の規制緩和により、ヨットも係留できることになりました。

ヨットのほうがアピール効果が大きいと思い、ヨットに切り替えました。
ヨットを活用して兵士や市民に平和を訴え、楽しい海の企画も提案していきます。

写真の提供は頼和太郎さん。


9月25日の平和船団
当日は学生たちが見学・調査に訪れました、12名にて横須賀港を走りました。
写真は平和船団に近寄る米軍警備艇。

   米軍警備艇の横暴・主権の侵害

米軍は安保条約6条により横須賀港の大部分を提供水域として提供されているので管理権を持っている、残念ながら。
しかし、岸壁から50ヤード(47m)離れれば平和船団は自由航行できる。それは日本の「港湾法」が港湾の管理権を地方自治体に委ねているからです。

こうした横須賀港の二重権力状態が問題を複雑にしています。米軍は自分達の管理権を盾にとって平和船団を追い出そうとして邪魔してくる、平和船団は自治体の港湾管理権を盾に自由航行権を行使。

横須賀市や海上保安庁の見解は「航行を妨害することは許されない、物理的に排除されれば問題にする」と答弁していますが実際には米軍の横暴がまかり通っています。

現場では何時も邪魔をしてくる、海上デモを行い、保安庁の船が付いてくるときは多少遠慮する程度に過ぎない。
 

8月28日の平和船団

原子力空母ロナルド・レーガンは7月26日ヨコスカに戻るが監査のために出たり、「出る」と言っておきながら日程の変更をしたりしていました。
8月28日に出るとの情報を得たので、定例海上行動と重なりましたから「原子力空母はゴメンだね!」の抗議行動をしました。
兵士達の登舷礼はなく(甲板には数える程度の姿)、すぐ戻ってくることは明らかです。参加者は4名でした。
   
   

7月31日の平和船団

久しぶりに映画監督のバックレイさんがカヤックで登場、Kさんと共に風・波にも負けず奮闘、
8名の参加者でした。
 7月26日に原子力空母が戻ってきた、6月4日に出港したので今回は早めの帰港といえます。

随伴艦も戻っています、原潜も居ました、10隻でした、しかし、4隻は修理中でした。
(写真は8月1日)
   カヤックで平和船団に参加したバックレイさんと(後姿)Kさんコンビ。吉倉桟橋手前。

当日は風・波が強く
2ノット(時速3.8km)程度で進み、1時間36分で漕ぎ切りました。
お疲れさまでした。

皆様の参加をお待ちしてます。

6月26日の平和船団

原子力空母・ロナルド・レーガンが6月4日、長期航海に出たため、残り4隻は修理中だけが残っていた。
参加者は5名でした。
イージス艦「きりしま」の前を行く
「コスモアランド」

「きりしま」は第2護衛隊群第6護衛隊に属しているが、第2護衛隊の司令部は佐世保にある、しかし、第6護衛隊は横須賀が本拠地。

分かりにくいが、各護衛隊は4隻編成で8護衛隊がある、2つの護衛隊が1つの護衛隊群を編成している、
合計4つの護衛隊群、32隻が配置されてい。

護衛隊群以外にも5つの各地方隊に護衛隊が配置されている。
6号ドックで修理中の第7艦隊旗艦
「ブルーリッジ」

「ブルーリッジ」が横須賀を母港としたのは1979年、以来第7艦隊の指揮艦として37年になる、横須賀に居ながらにして世界の艦船に指揮命令し、情報を得ることが出来る。


5月29日の平和船団

平和船団の定例海上行動は6名にて行われました。
原子力空母・ロナルド・レーガンは定期修理を終え放射性廃棄物を搬出し、5月9日から試験航海に出るも「機械的な問題」により再度の試験航海に出ました。5月31日から6月1日まで。

本格的な出港は6月4日でした。兵士達が甲板に並んで登舷礼をしている。
南シナ海をめぐって軍事的緊張は続くでしょう。

写真はリムピース提供。
私達の大切な仲間であった樋口淳子さんが5月初めに亡くなりました。

心からご冥福をお祈りいたします。

彼女は原子力空母の母港問題が明らかになった頃から横須賀の運動に参加し、得意の英語でアピールをして下さいました。

写真は平和船団から米兵にアピールしている姿です。

彼女は横須賀の市民運動にも「情熱が足りない」と率直に叱ってくれました。心当たりのある、耳の痛い言葉でした。



放射性廃棄物の搬出監視と海上抗議行動

4月28日放射性廃棄物の搬出がありました。8名で抗議。当日は雨が降り、途中で中止しました。

搬出はしない、艦外には出さない、と約束しておきながら2009年から昨年を除いて毎年危険な原子炉回りの修理を行い、そこで出た放射性廃棄物を搬出しています。

今回は4個のコンテナに積まれた廃棄物がチャーター船・コースタルヴェンチャーに降ろされました。

黄色い矢印が放射性廃棄物の積まれたコンテナです。
(リムピース提供)

平和船団が監視・抗議のさなか完全武装の米軍が現れ、我々を威嚇しました。
しかし、12000人のアンケート調査でも市民の49%は原子力空母の母港に反対だし、46%の方が安全対策は不十分と答えてます。
市民の世論を背景にした、非暴力の抗議に武装兵士を差し向けるのは言語道断だ。
抗議の為、リムピース提供の写真を公開します。我々は戦場にでも居たのでしょうか?

5月9日、放射性廃棄物搬出を監視するよう横須賀市への申し入れ、米軍の平和船団への威嚇についての説明の為、記者会見(神奈川新聞に掲載されました)米軍司令官への抗議文手渡しを行いました。内容はこちら




ピースリンク・平和船団合同海上行動

3月27日反戦市民運動仲間のピースリンクがヨコスカに来てくれました。
ゴムボートに4人が乗り込み、ヨコスカからはボート2隻、総勢22名が繰り出しました。

ピースリンクは、呉・広島・岩国の反戦市民運動家の集まりです。
呉・広島・岩国は行政区画は違っても2~30kmの範囲にあり、一体化した基地です。

岩国にできた新しい滑走路には原子力空母の艦載機が訓練の為に移駐することが決まっている。

共に反対行動をすることにより、反対の意思を強くアピールする事が出来ました。
ピースリンクの横断幕は2015年の10月1日、原子力空母の母港化反対海上行動でも使われた手書きの素晴らしいものです。

NHKBS「新日本風土記」の映像にも登場してました。



米軍イージス駆逐艦バリー(DDG52)母港化される。

3月14日、雨の中イージス駆逐艦ラッセンの後継艦バリーが横須賀に入った。
バリーは1992年に就役したアーレイ・バーグ級の2番艦で古いが、改装されて最新鋭の戦闘システムを搭載し、弾道ミサイル防衛(BDM)の能力を付与された。
艦長は安保関連法にも言及し「海上自衛隊との協力関係が更に強まるのは素晴らしいことだ」と語った(朝日より)

北朝鮮や中国の軍事的増強に対して軍事的に対応することは地域の緊張を高めることであり、これからも反対していきます。(写真は3月16日)
抗議文はこちら



2016年2月28日の平和船団
原子力空母ロナルドレーガンの定期修理は例年どうり行われている、との情報がありました。
外から観た限りでも約束違反の原子力周りの修理が行なわれていることは船尾の作業船によっても確認出来ます。
9名の参加がありました。

写真は2008年原子力空母ジョージワシントンに反対するピースリンクのゴムボート雄姿です。
彼らが3月27日に再び来てくれます。

遠方より平和船団の仲間が合流して一緒に船を出せることはこの上ない喜びです。

希望者はどなたでも参加できます。
御連絡を待っています。
お知らせ
昨年NHKの「新日本風土記」の取材を受けました。
横須賀を取材してその一部として市民宣言のデモ、よろずピースバンド、平和船団が5分程度映るそうです。是非見て下さい。

3月4日PM9時・BS3です。

再放送は3月11日AM8時BS3です。




2016年1月31日の平和船団
海も穏やかで9名の参加者がありました。
北朝鮮の核実験に対してアメリカは戦略爆撃機の飛行・原子力空母の派遣・f22の厚木への飛来・海上自衛隊もイージュス艦を派遣し、軍事的圧力と緊張を高めている。

私達はあくまでも平和的手段による解決・外交努力・多国間協議、によるべきであることをアピール。
憲法9条はまだ生きています、日本の平和主義こそが自衛隊員の命を守る、と訴えました。

原子力空母の定期修理は始まってます。今年も放射性廃棄物が搬出されそうですが、抗議していきます。

米海軍横須賀基地は原子力空母の母港・前線基地だけではなくさらにミサイル防衛(MD)基地としての機能を強化される

2015年6月18日時点でのヨコスカ母港化艦船

(記号の解説、CVN:原子力空母、CG:ミサイル巡洋艦、DDG:ミサイル駆逐艦、DD:駆逐艦、FFG:ミサイルフリゲート、LCC:揚陸指揮艦 )
 印はイージス艦
MDミサイル防衛対応艦

イージス艦は10隻へ、VSL(ミサイル垂直発射装置)は1000個、その内射程距離が1350~3500キロのトマホークミサイルは400発以上は配備されていると見られるので北朝鮮のミサイルに対しては圧倒的な軍事的優位に立っている。ヨコスカを母港としている艦船だけで!(数字の元は梅林さんの「在日米軍」岩波新書の11ページより推測)

 2016年8月現在での配備艦船
原子力空母ロナルドレーガン     CVNー76
 第7艦隊旗艦ブルーリッジ       LCCー19
 ミサイル巡洋艦シャイロー         CGー67   MD
 ミサイル巡洋艦アンティータム     CGー54  
 ミサイル巡洋艦チャンセラーズヴィル CGー62  
 ミサイル駆逐艦バリー          DDG-52  MD
 ミサイル駆逐艦カーティス・ウィルバーDDGー54  MD
 ミサイル駆逐艦ジョンS・マッケーン   DDGー56  MD
 ミサイル駆逐艦フイッツジェラルド    DDGー62  MD
 ミサイル駆逐艦ステザム         DDGー63  MD
 ミサイル駆逐艦ベンフォールド     DDG-65   MD
 ミサイル駆逐艦ミリアス           DDGー69  MD
 2017年7月配備予定
 ミサイル駆逐艦マスティン         DDGー89 
 ミサイル駆逐艦マッキャンベル     DDGー85 

       

連絡先 =横須賀市本町3-14山本ビル2F非核市民宣言運動ヨコスカ       
TEL・FAX 0468-25-0157          

mailto:fwga6683@mb.infoweb.ne.jp